読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」』原 佳弘

起業 ビジネス書書評感想

『研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」』

研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」 (DOBOOKS)

研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」 (DOBOOKS)

  • 作者: 原佳弘
  • 出版社/メーカー: 同文舘出版
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

研修・セミナー講師

研修・セミナー講師が企業・研修会社から選ばれるには、どうすると良いのか。

本書では、その方法や考え方について書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「「売れない講師には戦略がない、続かない講師には愛(スタンス)がない」

つまり、“売れる”ためには「選ばれるための戦略論」が必要です。相手に「この講師にこそお願いする理由がある」と思わせるトンガリです。」
                             (p.111)


戦略とスタンス

講師としての戦略とスタンスが必要ということです。

それは、お願いする理由を作るということになります。

どうやって作ると良いかについて、本書でさらに書かれています。

詳しいことを知りたい方は、読んでみてください。


商品戦略

「商品戦略 = 商品力 × 解決力
 商品力とは、講師が講師の仕事をするにあたりもっているもの、備わっている能力のことです。さらに商品力は、「講師の源泉」と「コンテンツ・パッケージ」の2つに分解できます。」(p.148)


商品戦略=商品力×解決力

そして、商品戦略は、商品力と解決力のかけ算ということです。

講師の商品。何を提供できるのか。

そして、何を解決できるのか。

これらがわかりやすく伝えられると、講師として選ばれやすくなるというわけ
です。


▼取り入れたいと思ったこと

コンテンツパッケージといして、何を提供できるのかをまとめる。

ここも大切ということです。

適切に表現できると、変わっていくのでしょうね。

パッケージとしての表現を考えたいと思いました。

 

研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」

セミナー講師が企業や研修会社から選ばれるにはどうすると良いか。

その方法や考え方について書かれています。

研修講師の方などが読まれると、参考になると思います。

とくにこれからセミナー講師をしたいという方に参考になるはずです。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『90日で商工会議所からよばれる講師になる方法』東川仁(著)

90日で商工会議所からよばれる講師になる方法 (DO BOOKS)

90日で商工会議所からよばれる講師になる方法 (DO BOOKS)

  • 作者: 東川仁著
  • 出版社/メーカー: 同文館出版
  • 発売日: 2010/09/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  選ばれる講師になりたい方。
  講師。


★『研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」』原 佳弘

研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」 (DOBOOKS)

研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」 (DOBOOKS)

  • 作者: 原佳弘
  • 出版社/メーカー: 同文舘出版
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

 売れない講師には戦略がない、続かない講師には愛(スタンス)がない

 ⇒ 戦略とスタンスがありますか?