読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

守るべきマーケティングの本質ポイント10カ条『デジタルで変わる マーケティング基礎』

マーケティング ビジネス書書評感想

『デジタルで変わる マーケティング基礎』

野口恭平 (著, 監修),栗木契,東浦和宏,山岡隆志,立川麻理,本間充,宣伝会議編集部(編集)

デジタルで変わる マーケティング基礎 (宣伝会議マーケティング選書)

デジタルで変わる マーケティング基礎 (宣伝会議マーケティング選書)

  • 作者: 野口恭平,栗木契,東浦和宏,山岡隆志,立川麻理,本間充,宣伝会議編集部
  • 出版社/メーカー: 宣伝会議
  • 発売日: 2016/10/01
  • メディア: 単行本
 

本の目次

はじめに デジタル時代のマーケティング担当者が守るべき10 ヵ条
第1章 マーケティングとはなにか?
第2章 マーケティングの企画と実行の全体プロセスを知る
第3章 マーケティング・ミックスとはなにか?
第4章 マーケティング・リサーチ
第5章 環境分析とターゲットの選定
第6章 ターゲットを深く理解する
第7章 ブランド戦略
第8章 新製品開発
第9章 価格戦略とチャネル戦略
第10章 コミュニケーション戦略
第11章 ショッパー・マーケティング
第12章 マーケティングの効果を検証する
おわりに デジタルで新しいマーケティングを創造しよう

 

デジタル時代のマーケティングの基礎

デジタル時代になって、マーケティングの基礎も変わってきているところがありますね。

本書では、そんなマーケティングの基礎についてまとめられています。

マーケティングの基本的なところを知りたい方が、まず読んでみると良いですね。


守るべきマーケティングの本質ポイント10カ条

守るべきマーケティングの本質ポイント 10カ条は、以下の10個だそうです。

「1 狙うべき市場はどこなのか明確化する。
 2 顧客は誰なのかを定義し、インサイトを深く理解する。
 3 顧客の本質的ニーズ(顕在&潜在)はなにかをつかむ。
 4 顧客のニーズを満たす価値(機能的、情緒的、精神的、社会的)ソリューションを創造する。
 5 価値を持つコンテンツ(商品、サービス)の競争力、独自性を見極める。
 6 競合対象、代替対象(同or異カテゴリーの商品、サービス)を確認する。
 7 最適な提供価値を適切なタイミング、方法で伝達する。
 8 マーケティングの全体のシナリオ、仮説を顧客視点で描く。
 9 シナリオに基づいたKPIを設定しPDCAを回す。
 10 顧客に寄り添い、人間的な思いやりや気配りを大切にしてアプローチする。」(p.18)

マーケティングのポイント

これらが、マーケティングのポイントだそうです。

たしかに、これらをできると、かなり売れる商品・サービスになるのではないでしょうか。

まあ、なかなか全てをできるというようにいかないので、そう簡単に、ヒット商品は生まれないわけですが。

いずれにしても、こういったポイントを押さえて、マーケティングをできると、うまくいきやすいはずです。

一つずつ、しっかり押さえられるようにしたいものですね。

コミュニケーション戦略

「コミュニケーション戦略のプロセスとして、まずは目的の設定を行います。誰に何を伝え、どのような態度や行動の変化を起こさせたいのかを明らかにします。次に変化の各段階において、どのメッセージをどのコンタクトポイント(タッチポイント)で伝えると目的を達成できるのかを考えます。最後にそれぞれの段階における効果検証を行い、コミュニケーションの内容やミックスを最適化していきます。」(p.218)

誰に何をどう伝えるか?

消費者が欲しい商品を作ったとしても、知られていないと購入できません。

だから、伝わるように、コミュニケーション戦略を考える、PRや広告といったことを考えるわけですね。

商品・サービス×コミュニケーション=成果

ここまで簡単ではないでしょうけれど、基本的な考え方は、商品・サービスとコミュニケーションのかけ算が、成果になるのでしょうね。

取り入れたいと思ったこと

マーケティングプロセスの6つのステージというものも紹介されていました。

こういったプロセスなりステージ、ステップを考えて、一つずつマーケティングの質を高めていく。

これが、売れる商品やサービスを作っていくということなのでしょう。

逆に、これらを飛ばしてしまうと、うまくいかないことも出てくるというのはありますね。

ステップやプロセスを考えて、実行していきたいものですね。

あわせて読みたい

『カール教授のビジネス集中講義 マーケティング』平野敦士カール

カール教授のビジネス集中講義 マーケティング

カール教授のビジネス集中講義 マーケティング

  • 作者: 平野敦士カール
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/03/20
  • メディア: 単行本
 

www.biztikara.com

こちらの本も、マーケティングの基本について書かれています。

合わせて読むと、理解が深まることでしょう。ということで、こちらの本も読んでみてください。

『デジタルで変わる マーケティング基礎』

デジタルやウェブの登場で、少しずつマーケティングも変わってきています。

基本的なところは同じでしょうけれど、変わってきているところもある。

本書は、『デジタルで変わる マーケティング基礎』ということで、そのあたりについても、本書では触れられています。

そういった意味では、今の時代のマーケティングの基礎を知りたい方が読まれると良いですね。

おすすめ度

  ★★★★☆

  『デジタルで変わる マーケティング基礎』ということで、デジタル時代のマーケティングのポイントをまとめられています。
  これからマーケティングの基本を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

マーケティング担当者。
経営者。

『デジタルで変わる マーケティング基礎』

 野口恭平 (著, 監修),栗木契,東浦和宏,山岡隆志,立川麻理,本間充,宣伝会議編集部(編集)

デジタルで変わる マーケティング基礎 (宣伝会議マーケティング選書)

デジタルで変わる マーケティング基礎 (宣伝会議マーケティング選書)

  • 作者: 野口恭平,栗木契,東浦和宏,山岡隆志,立川麻理,本間充,宣伝会議編集部
  • 出版社/メーカー: 宣伝会議
  • 発売日: 2016/10/01
  • メディア: 単行本
 

今日の「ビジネス書をチカラに!」

マーケティングのポイントを押さえる

マーケティングのポイントを押さえられていますか?