読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『できる人の自分を超える方法』リチャード・テンプラー

ビジネス書書評感想 考え方 成長

『できる人の自分を超える方法』リチャード・テンプラー

できる人の自分を超える方法

できる人の自分を超える方法

 

できる人の自分を超える方法

"Rules"シリーズの一冊です。

原題は、"The Rules to Break"で、打ち破るためのルールといったところでしょうか。

自分を超えるための方法などについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「大切なのは、脳に新しい神経回路を作り出すこと。以前なら怒っていたような状況になったら、「私は落ち着くという行動を選択する」と自分に言い聞かせる。落ち着いた状態の映像を思い浮かべるのもいい。遠からず、あなたの脳は新しい神経回路に慣れてくる。」(p.109)

 

脳に新しい神経回路をつくる

今の自分を変える、超える。

そうなったとしたら、脳は、今までと変わっていることでしょう。

脳に新しい神経回路をつくる。

自分を超えるために、そういうことを意識して、選択、行動すると良いですね。

 

まず小さな目標に挑戦する

「人にはそれぞれ、自分なりの自然な限度がある。もし自信がないのなら、まず小さな目標に挑戦し、着実に達成していこう。」(p.153)

 

小さく変える

いきなり大きく変えようとしても変えられないというのはあるでしょう。

だから、小さく変える。

小さな目標を達成して、それらを積み重ねる。

そうすれば、方向を間違わなければ、時間が掛かるにしても、大きな目標に到達できて、大きく変われるでしょう。


▼取り入れたいと思ったこと

 問題がなくても、さらに改善を目指す。

 こういうことが書かれていました。

 なぜなら、何事にもメンテナスが必要で、放置しておけば悪化するからということです。

 だから、はじめから改善を目指していれば、良いですよね。

 

今の自分を超える

今の自分以上の自分になる。

そのために、どういう考え方で行動すると良いか。

このことについて書かれています。

今の自分を超えたい方が読まれると、参考になると思います。


 ▼ あわせて読みたい ▼

  『自分を超える法』ピーター・セージ(著)

【図解】自分を超える法

【図解】自分を超える法

 

 
 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆


 ▼ おすすめしたい方 ▼

   自分を変えたい、超えたい方。
   ビジネスパーソン


 ★『できる人の自分を超える方法』リチャード・テンプラー

できる人の自分を超える方法

できる人の自分を超える方法

 

 
★【今日の「本をチカラに!」

   脳に新しい神経回路をつくる

 ⇒ 自分を超えるために、何をしますか?