読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか』タイラー・コーエン

経済 ビジネス書書評感想

『大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか』タイラー・コーエン

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか

 

機械の知能と仕事と所得

 コンピューターが、これまでのそしてこれからの仕事をどう変えていくのか、そして所得がどう変わるのか、ということについて本書では書かれています。

 いわゆるホワイトカラーの仕事や所得がどうなっていくか。それが本書のテーマです。


▼ ここに注目 ▼

 「仕事の世界は、働き手にこれまで以上に多くの資格と能力を要求し、おおむね比較的少数の知的エリートにだけ高い給料を払いつつあるのだ。」(p.50)

知的エリートが高い給料を得る

博士号取得者や医学、法学、経営学の大学院修了者が、高い給料を得ているということです。

その他は、給料が減っている傾向があるとのこと。

 

格差が広がっていると言える。この原因の一つとして、コンピューターの普及があるということです。

 

では、どうすると良いのか?


 高学歴を目指す、これが一つの方法ではあるでしょう。

 しかし、それなりの年齢になってから、大学院にということだと、負担も大きい。

 詳しくは本書を読んでもらうとして、一つの方法は、マネジメント層になるようにする、ということがありそうです。

 これも簡単ではないかもしれませんが、専門職の大学院に一から入りなおすというよりは、難易度は高くはないのではないでしょうか。


▼取り入れたいと思ったこと

 それなりの専門的な知識の必要性。

 これが、本書ではわかります。

 高度である必要はないかもしれませんが、仕事に必要となるそれなりの専門的な知識が必要になる。

 成果を上げていくには、やはり必要なのでしょうね。

 知識を増やしていきたいと思いました。

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか

 コンピューターの知能が、これから仕事と所得をどう変えていくか。

 本書のテーマは、このようなことです。

 コンピューターをどう活用すると良いのか。コンピューターの知能が上がっていくと思われるこれから、どのように働くと良いのか。

 これからの仕事と所得について考えたい方が読まれると、参考になると思います。



 ▼ あわせて読みたい ▼

  『ワーク・シフト — 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』
  リンダ・グラットン(著)

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

 



 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆



 ▼ おすすめしたい方 ▼

   これからの仕事と所得について考えたい方。
   ビジネスパーソン。


 ★『大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか』タイラー・コーエン

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか

 



★【今日の「本をチカラに!」

   知的エリートが高い給料を得る

 ⇒ これからの働き方をどう考えていますか?
 

大停滞

大停滞

  • 作者: タイラー・コーエン,若田部昌澄,池村千秋
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2011/09/22
  • メディア: 単行本
  • 購入: 13人 クリック: 670回
  • この商品を含むブログ (38件) を見る