読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

データ分析とは?『直感でわかるデータ分析』原 隆志

マーケティング ビジネス書書評感想

『直感でわかるデータ分析』

直感でわかるデータ分析

直感でわかるデータ分析

  • 作者: 原隆志
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: 大型本
 

データ分析

データ分析。

データは、ただあるだけでは、活用できないでしょう。

どうやって、データを分析するか。

本書では、その基本的なところについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「分析とは「データの傾向を読みとる」こと
グラフができたら、いよいよデータ分析になります。分析とはどういうものかといえば、「データの傾向を読みとる」ことです。そして、傾向を読みとるには、特性や変化を整理する必要があります。」(p.74)


分析とは「データの傾向を読みとる」こと

分析とは、データの傾向を読みとること。

どんな傾向があるのか。

変化があるのか、変わらないのか。平均はどうか。相関はどうか。

こういったことをデータから分析する。

これで、データ分析ということです。


データを収集する

データを収集する3つの方法

蓄積したデータを利用する
新規に入手する
統計を利用する

(p.36)


データ収集

データを分析する前に、必要なのは、データですよね。

だから、上の3つのような方法で、データを収集するということです。

すでにデータがあれば、それを利用して、なければ新規に入手する。

データをまずは集めることが、データ分析の前にあります。


▼取り入れたいと思ったこと

データをグラフにして、データを分析する。

その方法が書かれています。

どのグラフを使うと良いのか。

ここがわかる本です。

グラフの使い方がわかったので、取り入れたいと思いました。


直感でわかるデータ分析

データ分析の基本について書かれています。

データを集めて、どうやって分析すると良いか。

その方法がわかりやすく書かれています。

データ分析したい方が読まれると参考になると思います。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『データ分析の教科書』髙橋 威知郎

データ分析の教科書

データ分析の教科書

  • 作者: 高橋威知郎
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2014/11/14
  • メディア: Kindle版
 

データ分析の目的は、成果につなげること データ分析の目的は、行動につなげて、成果を上げることだそうです。 たしかに、ただ分析するだけでは意味がないでしょう。 行動につなげて、成果を上げるためのデータ分析。 これが目的ということです。

データ分析の目的は?データ分析5つのステップ『データ分析の教科書』髙橋 威知郎 - ビジネス書をビジネスのチカラに

 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  データ分析したい方。
  ビジネスパーソン。


★『直感でわかるデータ分析』原 隆志

直感でわかるデータ分析

直感でわかるデータ分析

  • 作者: 原隆志
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: Kindle版
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   分析とは「データの傾向を読みとる」こと

 ⇒ データの傾向を読みとれていますか?