読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『あれか、これか——「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門』野口真人

経済 ビジネス書書評感想

『あれか、これか——「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門』野口真人

あれか、これか――「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門

あれか、これか――「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門

  • 作者: 野口真人
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

MBAスクールで10年以上「ファイナンス」講座を担当し、
国内トップの企業価値評価機関を立ち上げた著者が書いた、
あなたの人生に役立つファイナンス入門書の決定版!

本の目次

はじめに 「いまの人生」は「過去の選択」でできている
第1章 「ねだん」と「ねうち」はちがう―現金の呪縛を解く
第2章 いちばん無価値なおカネの話―キャッシュフローの考え方
第3章 いま、いくら?―時間・リスク・金利の三角関係
第4章 不確実性とは何なのか?―標準偏差とボラティリティ
第5章 正しい借金の考え方―MM理論
第6章 リスクだけを下げる錬金術―現代ポートフォリオ理論とCAPM
第7章 絶対に後悔しない買い物―オプション価格評価モデル

値打ち

本当の値打ちは、価格からだけではわからなかったりしますよね。

本書では、ファイナンス理論から、モノの値打ちの見分け方などについて書かれています。

4つのノーベル賞理論がこれ1冊でとあるように、ノーベル賞を取った人たちが考えだしたことを学ぶことができます。

ここに注目・言葉・名言

「キャッシュフロー・アプローチとは、「モノの価値はそれが生み出すお金の量によって決まる」という考え方である。
 僕たちはどうしても、価格という目に見えるものに惑わされてしまう。しかし、本当の意思決定は「価格と価格」を比較する世界から抜けだしたところ、つまり、「価格と価値」の両方を見渡す視点からしか生まれない。」(p.063−064)

価格と価値

価格は、基本的には、販売者がつけるものですね。

価値は、価格からも判断されますが、他にも判断基準はあるでしょう。

ただし、本書では、「お金」から判断されることが中心の話です。

ファイナンス理論入門ですから。とは言え、そこからどうすると良いか、という話だと、また違ったことがわかってきたりしますよね。

ファイナンスでの価値

「ファイナンスでは、持っているお金の額や、その年たまたま稼いだ金額ではなく、「将来にわたってどれくらい稼げるか」で価値が決まる。これは、モノも企業もヒトもまったく同じだ。」(p.084)

将来にわたってどれくらい稼げるか

ファイナンスでの価値は、将来にわたって、どれくらい稼げるか。

こういうことだそうです。

未来の価値が大切ということになります。

ただ、未来の価値は、よくわからないですよね。未来がどうなるかわからないですから。

このあたりのことを知りたい方は、本書を読んでみると、ファイナンスでは、どうやって考えるかがわかりますね。

取り入れたいと思ったこと

ファイナンスで言うところの「リスク」には、アップサイド・リスクというものもある。

思った以上にうまくいくというものです。

それには、いろいろとうまくいきそうな原因を作ると良いのではないかと思っています。

ということで、そういうことが生まれるような、原因を作っていきたいと思いました。

あわせて読みたい

『カール教授のビジネス集中講義 金融・ファイナンス』
 平野敦士カール

カール教授のビジネス集中講義 金融・ファイナンス

カール教授のビジネス集中講義 金融・ファイナンス

  • 作者: 平野敦士カール
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/04/07
  • メディア: 単行本
 

 

www.biztikara.com

『カール教授のビジネス集中講義 金融・ファイナンス』平野敦士カール 金融・ファイナンス。 なんとなくむずかしい感じがしますよね。 本書では、金融・ファイナンスの基本的な用語などが紹介されています。 金融・ファイナンスの基本を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

『カール教授のビジネス集中講義 金融・ファイナンス』平野敦士カール - ビジネス書をビジネスのチカラに

ファイナンスや金融、会計。勉強しないと、違いなどがよくわからないというのはありますね。

こちらの本も合わせて読んでみると、入門として良いと思います。

『あれか、これか——「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門』

野口真人

価値を判断する。それが選択につながる。

しかし、価値を判断するのは、むずかしい。こういうところがありますよね。

一つの方法として、ファイナンス理論から考えてみるというのはありますね。

ということで、ファイナンス理論を知りたい方は読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆

ファイナンス理論。なんかむずかしそう。そう思ったりもすると思います。
ただ、考え方を理解しておくと、価値判断や選択にも役立ちます。
ファイナンス理論を理解したい方に参考になると思いますので、読んでみてください。

おすすめしたい方

ファイナンス理論を知りたい方。
ビジネスパーソン。

今日の「ビジネス書をチカラに!」

将来にわたってどれくらい稼げるか

価値をどうやって考えていますか?

『あれか、これか——「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門』野口真人 

あれか、これか――「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門

あれか、これか――「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門

  • 作者: 野口真人
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)