読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『21世紀の不平等』不平等を縮める政策とは? アンソニー・B・アトキンソン

経済 ビジネス書書評感想

『21世紀の不平等』アンソニー・B・アトキンソン

21世紀の不平等

21世紀の不平等

  • 作者: アンソニー・B・アトキンソン,山形浩生,森本正史
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: 単行本
 

不平等や格差

世界には、不平等や格差がある。

20世紀の不平等とは少し違っている、21世紀の不平等について書かれています。

著者のアトキンソン氏がイギリス人なので、イギリスの不平等、格差の是正の方法などについて書かれています。

イギリスの話が主な話ですが、先進国であれば、似たような状況にあると思うので、参考になるはずです。

 

▼ ここに注目 ▼

「第2部では、不平等の水準を大幅に引き下げると私が信じている手法を15個
提案した。」(p.275)

「提案8:個人の所得税の累進性を高める方向に戻す。限界税率は課税所得の
範囲に応じて上がり、最高税率は65パーセントにして同時に税収基盤を広げる
べきである。」(p.216)


不平等を縮める政策

不平等を縮める政策、格差を是正する政策が15個提案されています。

その1つが、所得税の累進性を高めるようにするということです。

こうすることで、税収基盤が広がるということですし、不平等の是正にもつながるということでしょう。

日本の場合は、あまり累進性は高くないようですね。

日本も、そう考えると、もう少し最高税率を上げても良いのかもしれません。


「成長」と「パイの配分」

「一言でまとめると、不平等と効率のあいだには絶対に確実な負の相関などない、ということになる。確かに、提案した不平等低減の手法の一部は、パイの規模に負の影響を与えかねない。その可能性は否定しきれない。でもそれが絶対に起きるという保証もないし、経済成長率の足を引っ張るとも断言できない。」(p.304)

不平等を是正すると、成長率が落ちて「パイ」が小さくならないか

不平等を是正しようと所得税を増やすなどすると、もっと成長しようという気持ちになりにくくなるので、全体が成長しなくなるのでは、という話があります。

たしかに、そういう面はあるのでしょう。

ただ、必ずそうなるかどうかはわからないということです。

底上げができれば、成長する可能性はあるということもあり、やり方次第だということです。


▼思ったこと

本書の主張を簡単にまとめてしまうと、不平等が問題なら、それを是正できる方法はあるから、やってみよう、ということです。

ただ、課題は、不平等が問題ということを共有できるか、ということと、仮に共有できても、方法に同意できるのか、ということでしょう。

このあたりができれば、不平等を改善して、格差を縮小させることはできるのではないでしょうか。

同意できるかどうか。ここが分かれ目なのかもしれません。


▼ あわせて読みたい ▼

『ロバート・ライシュ 格差と民主主義 』ロバート・B. ライシュ

ロバート・ライシュ 格差と民主主義

ロバート・ライシュ 格差と民主主義

  • 作者: ロバート・B.ライシュ,Robert B. Reich,雨宮寛,今井章子
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 単行本
 

 

www.biztikara.com

ロバート・ライシュ 格差と民主主義 格差と民主主義。 アメリカでの、格差と民主主義について書かれています。 経済と政治システムの話として、興味深く読むことができます。 アメリカの格差と民主主義について知りたい方が読まれると、参考になると思います。

『ロバート・ライシュ 格差と民主主義 』ロバート・B. ライシュ - ビジネス書をビジネスのチカラに 

21世紀の不平等

21世紀に、格差や不平等が広がっている。

不平等を縮小させるにはどうしたら良いのか、ということが書かれています。

イギリスが取れる政策の提案がなされています。

そこから、日本などの国にも、参考になることがあるでしょう。

不平等や格差に興味がある方が読まれると、参考になると思います。


▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

   不平等を縮小させるにはどうしたら良いのか、ということが書かれています。
   イギリスが取れる政策の提案がなされています。
   不平等や格差の縮小に興味がある方が読まれると、参考になると思います。

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  不平等、格差について興味がある方。
  ビジネスパーソン。


★『21世紀の不平等』アンソニー・B・アトキンソン

21世紀の不平等

21世紀の不平等

  • 作者: アンソニー・B・アトキンソン,山形浩生,森本正史
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: 単行本
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

不平等を縮める政策

 ⇒格差や不平等について考えてみる