読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『21世紀の脳科学 人生を豊かにする3つの「脳力」』

成長 ビジネス書書評感想

『21世紀の脳科学 人生を豊かにする3つの「脳力」』

21世紀の脳科学 人生を豊かにする3つの「脳力」

21世紀の脳科学 人生を豊かにする3つの「脳力」

  • 作者: マシュー・リーバーマン,江口泰子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/05/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

人生を豊かにする3つの「脳力」

脳科学から人生を豊かにする脳力について書かれています。

脳を知ることで、人生を豊かにする。

その知見を得ることができます。


▼ ここに注目 ▼

「本書では「人間とはどんな動物であるのか」を解き明かし、「つながる」「心を読む」「調和する」という3つの脳力を通じて、私たちがどのような社会性を獲得してきたのかを探っていく。」(p.20)


「つながる」「心を読む」「調和する」という3つの脳力

つながる、心を読む、調和する。

この3つの脳力について、本書では書かれています。

「人間らしい」脳力をどうやって獲得してきたのかがわかります。


公平な扱い

「公平な扱いはチョコレートのように甘い喜びなのである。」(p.80)


公平な扱いはチョコレートのように甘い喜び

人は、公平に扱われないと、不快になる。

これは、たいていの人が持っている感覚のようです。

逆に、公平に扱ってもらえると、チョコレートを食べたときのように、喜びを感じるということです。

人間の脳は、公平さについて、こんなふうに感じるもののようです。


▼取り入れたいと思ったこと

脳は、周囲の人間を考えなどを汲み取れるようになっていて、協力して大きな目標を達成できるように作られているということです。

人を出し抜いたり、自分だけうまくいくようにも、脳は使えますが、こういうことに、脳を使いたいですよね。

 

21世紀の脳科学 人生を豊かにする3つの「脳力」

つながる、心を読む、調和する。

この3つの脳力について書かれています。

人生を豊かにするような脳力を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『脳の強化書2 アタマがどんどん元気になる!!』

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2

  • 作者: 加藤俊徳
  • 出版社/メーカー: 株式会社あさ出版
  • 発売日: 2015/01/11
  • メディア: Kindle版
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆(★4.3)

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  3つの脳力について知りたい方。
  ビジネスパーソン。


★『21世紀の脳科学 人生を豊かにする3つの「脳力」』

21世紀の脳科学 人生を豊かにする3つの「脳力」

21世紀の脳科学 人生を豊かにする3つの「脳力」

  • 作者: マシュー・リーバーマン,江口泰子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/05/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

  公平な扱いはチョコレートのように甘い喜び

 ⇒ 人を公平に扱っていますか?