読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『2040年の新世界: 3Dプリンタの衝撃』

ビジネス書書評感想 経済

『2040年の新世界: 3Dプリンタの衝撃』
  ホッド・リプソン,メルバ・カーマン 

2040年の新世界: 3Dプリンタの衝撃

2040年の新世界: 3Dプリンタの衝撃

 

3Dプリンタの衝撃<

3Dプリンタ

プリンタの技術を使って、3次元のモノを作ることができる「プリンタ」です。

本書では、2040年ということで、これからの世界で、3Dプリンタが発展していくと、どうなっていくのかということについて書かれています。

 

▼ ここに注目 ▼

「3Dプリンティングのキラーアプリ

食品の3Dプリントは、人の食事のとり方や健康管理の仕方を変えるだろう。
デジタル調理が今日のパーソナルコンピューティングと同じくらいに受け入れられるようになれば、家庭の冷蔵庫には、ブラックチョコレートやチキンのバジルソースがけが、冷凍ペーストとしてカートリッジに収められる
ようになる。」(p.247)

 

3Dプリンタで食事を作る

3Dプリンタで、食事を作れるということです。

そして、これが受け入れられるようになれば、冷凍庫に食べ物を作ることができるカートリッジが保存されるようになるだろうということです。

どうでしょうか。

料理が簡単ということであれば、こういうことも、今後広がっていく可能性もあるのでしょうね。

 

教室では?

「3Dプリンティングは、教室を変えていくだろうか?答えはイエスだ。では、教室のカリキュラムが突然、劇的に変化することはあるだろうか?これは、ノーだ。」(p.282-283)

 

学校の授業は変わるか?

3Dプリンタでは、いろいろなモノを作ることができます。

学校で生徒が3Dプリンタで、何かを作る。

そのための授業があったりするかもしれません。

ただ、カリキュラム全体が変わってしまうということにはならないでしょう。

教育も変わる可能性があるのでしょうけれど、すべてではなく一部ということ
でしょうね。


▼思ったこと

他にも医療が変わったり、ビジネスが変わったりするのではないかということ
です。

たしかに、それだけの可能性があります。

ただ、それがどのような形になるのか、いつ大勢が変わるのかは、
まだわからないような気がします。

これから、楽しみな分野ですね。

 

2040年の新世界: 3Dプリンタの衝撃

3Dプリンタで、これからの世界がどうなっていくのか。

こういうことが、本書では書かれています。

3Dプリンタがこれからどうなっていくのか。

3Dプリンタとこれからの社会に興味がある方は読んでみてください。

 

▼ あわせて読みたい ▼

MAKERS―21世紀の産業革命が始まるクリス・アンダーソン(著)

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

 

 ▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  3Dプリンタに興味がある方。
  ビジネスパーソン


★『2040年の新世界: 3Dプリンタの衝撃』
  ホッド・リプソン,メルバ・カーマン

2040年の新世界―3Dプリンタの衝撃

2040年の新世界―3Dプリンタの衝撃

 

 

★【今日の「本をチカラに!」

   3Dプリンタで食事を作る

 ⇒ 3Dプリンタが世界を変えていくのか?