読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか』【感想】

成長 起業 ビジネス書書評感想

『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか』

ジョン・スヴィオクラ,ミッチ・コーエン

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか

  • 作者: ジョン・スヴィオクラ,ミッチ・コーエン,高橋璃子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/03/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

10億ドルを自力で稼いだ人

10億ドルを自力で稼いだ人は、どういう人なのか。

本書では、世界に600人いる「ビリオネア起業家」の実態について書かれています。


ここに注目・言葉・名言

ビリオネアになれるかは内面で決まる

「さらに深くデータを精査すると、おもしろいことが見えてきた。どうやらビリオネアの共通点は外的な要因ではなく、その人の内面、すなわち「マインド」にあるらしい。
多くのビリオネアに顕著なのは、普通の人がばらばらに考える物事を、ひとつにまとめる能力だ。矛盾する考えや行動を排除せず、自分のなかでうまく共存させる。正反対のものを抱えながら、それでも思考が混乱しない。」(p.019)


ビリオネアになれるかは内面で決まる

内面に共通点があるということです。

そして、本書では、その共通点について書かれています。

対立や矛盾を抱え込んでいるとのことです。

それは、周りからは、そう見えるだけで、目標や目的の達成に必要だから、うまくいくには、それが必要だから、そうしているのではないかなと思います。

理想と現実。理想を現実にするには、理想を持ちながら、現実を変える必要があったりします。

だから、そのようになるのではないでしょうか。


チャンスを逃すリスクを恐れる

「たいていの人は失敗するリスクを過大評価し、新たなチャンスをふいにするリスクのことはあまり考えない。だかビリオネアは逆だ。失敗するリスクよりも、チャンスを逃すリスクを恐れる。」(p.117)


チャンスを逃すと、次につかむのはむずかしい

チャンスは、たくさんあるとはいえ、大きなチャンスは、そうそうあるものでもないでしょう。

そう考えると、大きなチャンスを逃してしまったら、また大きなチャンスを得られるかはわからない。

だから、チャンスを逃すことを恐れるのではないでしょうか。

リスクや危険のあることを行うというよりも、チャンスに敏感なのだと思います。

取り入れたいと思ったこと

また、パートナー選びに妥協しないということも書かれていました。

一緒に仕事をするのであれば、自分にないものを補えあえて、信用できる人がいいですよね。

そういうパートナーを見つけられると、成功しやすいということでした。

あわせて読みたい

『自分を成長させる極意———ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選』
ピーター・F・ドラッカー,クレイトン・M・クリステンセン,ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 

自分を成長させる極意―――ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選

自分を成長させる極意―――ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選

  • 作者: ピーター・F・ドラッカー,クレイトン・M・クリステンセン,ハーバード・ビジネス・レビュー編集部,DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/01/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

www.biztikara.com

本書は、『自分を成長させる極意』ということで、ハーバード・ビジネス・レビューに掲載された記事から、10選をまとめられたものです。 自分を成長させるのは、自分でしょう。 その方法がわかっていれば、それをやっていけば良いと思います。 もしわからないなら、こういう先達が書いたものを読んでみるというのはありですよね。 そこから、自分なりに試行錯誤してみると、成長への道を歩んでいけるでしょうから。

『自分を成長させる極意―ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選』 - ビジネス書をビジネスのチカラに

ビリオネアは、なかなかむずかしいでしょう。

自分を成長させるということなら、自分のことなので、可能性が高いですよね。

ということで、自分を成長させたいという人は、こちらをどうぞ。

『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか』ジョン・スヴィオクラ,ミッチ・コーエン

10億ドルを稼ぐ人に興味がある方が読まれると、良いのではないでしょうか。

これぐらいになると、わかったからといって、なれるわけではないとは思います。

とは言え、自分の行動などを変えるヒントになるかもしれません。

おすすめ度

  ★★★★☆

10億ドルを自力で稼いだ人は、どういう人なのか。
本書では、世界に600人いる「ビリオネア起業家」のマインドについて書かれています。
10億ドルを稼ぐ人に興味がある方が読まれると興味深く読むことができるでしょう。

おすすめしたい方

10億ドルを稼ぐ人に興味がある方。
経営者。

『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか』ジョン・スヴィオクラ,ミッチ・コーエン

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか

  • 作者: ジョン・スヴィオクラ,ミッチ・コーエン,高橋璃子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/03/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今日の「ビジネス書をチカラに!」

チャンスを逃すリスクを恐れる

⇒ チャンスを逃していませんか?