読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術』

スキルアップ ビジネス書書評感想

『0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術』

ピョートル・フェリークス・グジバチ

0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術

0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術

  • 作者: ピョートル・フェリークス・グジバチ
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2016/07/22
  • メディア: 単行本
 

本の目次 

プロローグ 働き方が変わった----------誰もがリーダーシップを求められる時代
第1章 だれでもリーダーシップ----------リスクを取って一歩踏み出す
第2章 イノベーティブシンキング----------まったく新しい価値をつくる
第3章 プロトタイプシンキング---------ビジネスのスピードを上げる
第4章 デジタルリーダーシップ----------テクノロジーを味方につける
第5章 ラーニングアジリティ----------あらゆることから学んで使う
第6章 コミュニティリーダーシップ----------人と人をどんどんつなげる
第7章 コンプレクシティリーダーシップ----------複雑な問題を解決する
第8章 エモーショナルインテリジェンス----------感情を上手にコントロールする
第9章 マインドフルリーダーシップ----------集中力と直感力を磨く
第10章 リーダーシッププレゼンス----------影響力を発揮するために

リーダーシップ

これからの世界で必要とされるリーダーシップについて書かれています。

著者は、グーグル、モルガン・スタンレーで人材開発を務めてきた方だそうです。

リーダーシップに関心がある方が読まれると、参考になると思います。

ここに注目・言葉・名言

「みんなの先頭に立って何かを始めれば、それだけ批判の矢面に立つ可能性は高くなります。もちろん失敗することもあるでしょう。
 それでもあえて率先してやってみる。それによって、人を動かし、チームを動かし、成果を生み出し、目標を達成する。そうです、リーダーシップとは、リスクを取って新しく何かを始めることを意味します。」(p.21)

リーダーシップとは、新しく何かを始めること

新しく何かを始める。

そこには、リスクがあるでしょうし、失敗することもあるでしょう。

それでも、そこにやるだけの価値があると思えるなら、やってみる。

そういうことに、リーダーシップを発揮する。

リーダーとはそういう人なのでしょうね。

Fail fast(早く失敗せよ)

「プロトタイプをつくるのは、失敗しないためではなく、むしろ、小さく上手に失敗するためです。グーグルで絵は、Fail fast(早く失敗せよ)という言葉がよく使われています。小さく上手に失敗しながら、その都度、軌道修正を図っていけば、大きくコケることはありません。」(p.107)

早く失敗して早く修正する

初めからうまくいくというのは、ある意味理想かもしれません。

しかし、そういうことは、新しいことを行う際には、なかなかないでしょう。

だから、早く小さく失敗して、修正していく。

その過程で、学ぶことで、さらに目標に近づいていく。

プロトタイプをつくるというのは、そういうプロセスということですね。

小さく失敗する

誰でも、失敗はしたくないでしょう。ただ、失敗しないということは、簡単なことということかもしれません。

簡単なことなら、行う価値はそこまでないかもしれません。

そう考えたら、行う価値のある新しいことは、小さく早く失敗する。

そして修正改善していく。こういうやり方が良いのでしょうね。

取り入れたいと思ったこと

学んだことを別の場面で使ってみる。

これは、応用ですよね。

コミュニケーションのコツを学んだら、プレゼンに使ってみるとか。

こういうことを考えることが、学びを応用することにつながりますよね。

あわせて読みたい

『最高のリーダーは何もしない―――内向型人間が最強のチームをつくる!』
  藤沢 久美

最高のリーダーは何もしない―――内向型人間が最強のチームをつくる!

最高のリーダーは何もしない―――内向型人間が最強のチームをつくる!

  • 作者: 藤沢久美
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/02/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

www.biztikara.com

リーダーは何をするのか。成果を出しているリーダーは、あまり何かをしているようには見えない。そういったことから、本書のタイトル『最高のリーダーは何もしない』につながっています。 リーダーは何もしないけれど、メンバーがチームの目標を達成していく。そういうチームを作るには、どうしたら良いのか。 こういったことに興味がある方が読まれると、参考になると思います。ビジョンがチームを引っ張っていく、ますますこれからそういう時代になっていくのでしょうね。

『最高のリーダーは何もしない―内向型人間が最強のチームをつくる!』 - ビジネス書をビジネスのチカラに

リーダーとして何をすると良いか。

こちらの本も合わせて読んでみると、分かってくることがあると思います。

リーダーの方は読んでみると良いですね。

『0秒リーダーシップ』ピョートル・フェリークス・グジバチ

リーダーシップは、リーダーだけのものではなかったりしますね。

個々人が、自分にとってのリーダーでしょうし、チームにおいても、それぞれリーダーシップを発揮する場面はあるでしょう。

そういう意味で、これからのリーダーシップについて考えたい方が読まれると良いと思います。

おすすめ度

  ★★★★☆

これからのリーダーシップについて書かれています。
リーダーの方はもちろん、リーダー以外の方も読んでみると、参考になるところが見つかることでしょう。
リーダーシップについて考えたい方が読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

リーダーシップに興味がある方。
ビジネスパーソン。

『0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術』

ピョートル・フェリークス・グジバチ

0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術

0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術

  • 作者: ピョートル・フェリークス・グジバチ
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2016/07/22
  • メディア: 単行本
 

今日の「ビジネス書をチカラに!」

リーダーシップとは、新しく何かを始めること

リーダーシップを考えてみる