ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『ウォーレン・バフェット 成功の名語録』桑原 晃弥

『ウォーレン・バフェット 成功の名語録』桑原 晃弥 

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 桑原晃弥
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/07/11
  • メディア: Kindle版

 

目次

1章 バフェット投資の銘柄選びを語る―「少しずつ金持ちになることだ」
2章 バフェット成功への筋道を語る―「内なるスコアカードを持ちなさい」
3章 バフェット勝負のコツを語る―「周りが怖がっている時は貪欲に」
4章 バフェット情報の読み方を語る―「目に見えない資産に着目する」
5章 バフェット人生時間の管理を語る―「判断は五分で」
6章 バフェット正しいマネー感覚を語る―「使う金は入る金より少なく」
7章 バフェット人を集める磁力を語る―「熱意こそ抜きん出る対価」
8章 バフェット信頼の築き方を語る―「約束した通りを守る」

 

 

ウォーレン・バフェット 成功の名語録

ウォーレン・バフェット 成功の名語録ということで、ウォーレン・バフェット氏の言葉がまとめられた一冊です。

バフェットの言葉から学びたい方に参考になりますね。


ここに注目・言葉・名言

「まずまずの企業を
 すばらしい価格で買うよりも、
 すばらしい企業を
 まずまずの価格で買うことのほうが
 はるかによいのです。」(p.28)


『ウォーレン・バフェット 成功の名語録』すばらしい企業を買う

バフェットと言えば、やはり投資なわけですが、どういう企業の株を買うのかという話だと、やはり、すばらしい企業を買うということです。

そこそこの価格で、すばらしい企業を買う。

これができれば、損しにくいですよね。

これは、株の話ですけれど、モノを買うときも同じ話なのではないでしょうか。

まずまずのモノを安く買うというのも良いのですけれど、やはり、これはいいというモノを、まずまずの価格で買うと、満足度が違いますよね。

いいモノを買ったほうが、あとあと良いというのは、よくある話ですし、これは、株も同じということになるのでしょうね。

前例ではなく

「つねに前例ではなく、道理を重視した。」(p.112)

『ウォーレン・バフェット 成功の名語録』道理を重視する

前例主義はありますよね。

とくに、組織の意思決定では、やったことがないことをやらないというのはあると思います。

そうではなくて、道理を重視する。

理屈を重視するということです。

こうすれば、こうなる。

こういうことを考えて、実行していく。

そうしたいものですよね。

取り入れたいと思ったこと

「やる必要のない仕事は
 上手にやったところで意味がない。」(p.160)

やる必要のない仕事は、やらないようにしたいですね。

こういうところから変えていくと、
時短や働き方改革も、手をつけやすいかもしれませんね。

あわせて読みたい

『リーダーの本棚』日本経済新聞社 (編集)

リーダーの本棚

リーダーの本棚

  • 作者: 日本経済新聞社
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2016/02/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

リーダーが読んできた本とは?『リーダーの本棚』日本経済新聞社 (編集) - ビジネス書をビジネスのチカラに

こちらの本は、リーダーの本棚ということで、
リーダーが読んできた座右の書を紹介されています。

様々なリーダーの方が、様々な本を紹介されています。

それらから、自分が読んでみたい本を読んでみると良いですね。

『ウォーレン・バフェット 成功の名語録』桑原 晃弥

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 桑原晃弥
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/07/11
  • メディア: Kindle版

バフェットの名語録ということで、バフェット氏の言葉がまとめられています。

バフェット氏の考え方などがわかる一冊ですね。

バフェット氏の考え方などを知って、改善したい方が読まれると良いと思います。

おすすめ度

  ★★★★☆

バフェット氏の言葉ということで、深い言葉などもあったように思います。
こういう考え方をするのかといったことがわかって、興味深いですね。
まとめて知ることができるので良いですね。

おすすめしたい方

ビジネスパーソン。
経営者。

『ウォーレン・バフェット 成功の名語録』桑原 晃弥

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

前例ではなく、道理を重視する

前例ではなく、道理を重視していますか?

『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』立花岳志

『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』立花岳志 

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

  • 作者: 立花岳志
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: 単行本

『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』目次

第1章 「好き」と「お金」を繋げるキーワードは「情報発信」だ!
第2章 「情報発信」をコツコツ続けるための何より大事な鉄則
第3章 「自分ブランド」を確立するためのブログとSNSの使いこなし方
第4章 リアルでも「特別な人」になるための「パーソナルブランディング」
第5章 好きなことを発信しつづけるとお金の価値観と人生が劇的に変わる

 

好きなことをネットで情報発信する

好きなことをネットで情報発信して、ブランディングしていく方法について書かれています。

ネットで、「好き」を発信していきたい方に向けて書かれていますね。

ここに注目・言葉・名言

「「好きなこと」や「なりたい自分になるためにやりたいこと」をどんどんやって、そのことをどんどんブログに書きましょう。
 実行してそのことを書く、しかも公開していくことで、頭の中がどんどん構造化され、しかも周囲に仲間やファン、応援してくれる人もでき、継続が簡単になります。
 これを続けることで、好きなことが得意になり、なりたい自分に近づいていきます。」(p.47)

実行して書いていく

「好きなこと」を実行して、ブログなどで書いていく。

これを続けていって、なりたい自分に近づいていくということです。

とすると、続けることがポイントになるわけですが、
「第2章 「情報発信」をコツコツ続けるための何より大事な鉄則」
で、その方法や考え方について、書かれています。

情報発信を続けるコツを知りたい方は、詳細は、本書を読んでみてください。

やりたいことでお金を得る

「やりたいことをやればやるほどお金が入ってきて、しかも多くの人に喜ばれ感謝され、称賛される。この仕組みをつくった人は無敵です。
 そして、ブログとSNS、またリアルで情報発信をする人は、誰もがこの無敵の仕組みを構築できるのです。」(p.215)

やりたいことでお金を得る仕組み

無敵かどうかはやり方次第だと思いますが、やりたいことでお金を得る仕組みを
ネットやリアル社会でつくっていくということですね。

一度限りで終わらないような、仕組み、システム。

そういうことを作っていく。

これができると、安定感も増していきますね。

取り入れたいと思ったこと

わたしも、ネットで情報発信していますが、意外と考えていることは違うというのがわかります。

似ているところもあると思うのですが、違うところもあるので、そのあたりをもう少し考えてみたいところですね。

やはり、やりたいことをできるようにしていきたいと思うので、これからのことを考えて、わたしの情報発信も改善していきたいと思いました。

あわせて読みたい

『コンテンツマーケティングの教科書』
  コンテンツコミュニケーション・ラボ(日経BPコンサルティング)

コンテンツマーケティングの教科書

コンテンツマーケティングの教科書

  • 作者: コンテンツコミュニケーション・ラボ(日経BPコンサルティング)
  • 出版社/メーカー: 日経BPコンサルティング
  • 発売日: 2016/04/08
  • メディア: 単行本
 

【マーケティング】『コンテンツマーケティングの教科書』 - ビジネス書をビジネスのチカラに

 

こちらの本は、コンテンツマーケティングの教科書ということで、コンテンツマーケティングを行う際の基本的なことがまとめられています。

コンテンツマーケティングとは、ということから、運営などもわかります。
わかりやすいですね。

コンテンツマーケティングを行いたいと考えている方に参考になると思います。

『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』立花岳志

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

  • 作者: 立花岳志
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: 単行本

「好きなこと」をネットなどで情報発信していく方法などが書かれています。

続けるコツや、ブランディングなども書かれています。

ネットなどでの情報発信をしていきたい方が読んでみると参考になると思います。

おすすめ度

  ★★★★☆

 好きなこと、ネットでの情報発信、そしてお金などについて書かれています。
 これから情報発信を知りたい方が読むと、続けるコツなどがわかりやすいですね。
 自分の情報発信などを考えたい方が読まれると良いと思います。

おすすめしたい方

ネットで情報発信したい方。
ビジネスパーソン。

『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』立花岳志

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

実行して、情報発信していく

実行して、情報発信していますか?

『入社1年目女子 仕事のルール』平原 由紀子。大切だけどなかなか教えてもらえないこと

『入社1年目女子 仕事のルール』平原 由紀子

大切だけどなかなか教えてもらえない 入社1年目女子 仕事のルール

大切だけどなかなか教えてもらえない 入社1年目女子 仕事のルール

  • 作者: 平原由紀子
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2018/03/17
  • メディア: 単行本

 『入社1年目女子 仕事のルール』の目次

はじめに 仕事を覚えるより先に知っておきたかったこと
PART1 知らないと恥をかく仕事以前のルール・マナー
PART2 誰も教えてくれない先輩・同僚との付き合い方
PART3 上司が仕事を任せたくなる仕事のコツ
PART4 まわりと差がつくちょっとした気遣い
PART5 10年後に後悔しない働き方

 

 

入社1年目女子 仕事のルール

入社1年目の女子のための仕事のルールについて書かれています。

女性に限らず、男性にも当てはまることも多いですね。

 

入社1年目女子 仕事のルール:ここに注目・言葉・名言

SNSに仕事のことを書いてもいい?

「SNSに仕事のことを書くのは控えよう(特にマイナスなこと)」(p.039)


SNSに仕事のことを書くのは控えよう

まあ、そうですよね。

プラスのことなら、まだしも、マイナスだと、とくにまずいでしょう。

このあたり、意外とやってしまいがちなので、気をつけたいですね。


入社1年目女子 仕事のルール:トラブルが起きたとき

トラブルが起きたけど、上司がいない。どう対処したらいい?

「考えられるすべての方法を使って、上司に伝えるようにします。
 もちろん、周りの先輩や同僚にも伝えて、協力してもらいましょう。
 一番よくないのは、悩んだまま放置してしまうこと。それでは解決できるものも、できなくなってしまいます。」(p.100)


トラブルが起きたら、上司や先輩に協力をあおぐ

仕事上でのトラブルは、上司や先輩に協力をあおぐということですね。

まずは、上司に連絡をとりたいところです。

それが、むずかしいなら、先輩に聞きたいですね。

一人で解決しようとしないで、上司や先輩などと解決したいですね。


『入社1年目女子 仕事のルール』取り入れたいと思ったこと

社会人になっても、勉強しないとダメ?という話が書かれていました。

勉強は、必要ですよね。やはり。

ということで、わたしも、勉強していきます。


『入社1年目女子 仕事のルール』とあわせて読みたい

『入社1年目の教科書』岩瀬大輔(著)

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

  • 作者: 岩瀬大輔
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2011/05/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

入社1年目の人、新人の人が知っておくと良い、仕事の考え方などを知ることができます。

入社1年目の教科書、ということで、新人などに必要な仕事の考え方などについて書かれています。

入社1年目の新人の方は読んでみて、実践すると良いですね。

『入社1年目女子 仕事のルール』平原 由紀子

大切だけどなかなか教えてもらえない 入社1年目女子 仕事のルール

大切だけどなかなか教えてもらえない 入社1年目女子 仕事のルール

  • 作者: 平原由紀子
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2018/03/17
  • メディア: 単行本

入社1年目女子 仕事のルールということで、新人の女性向けに書かれた本ですね。

とはいえ、そこまで女性向けというわけでもなかったように思います。

入社して間もない方が読んでみると、仕事の勘どころなどを押さえることができると思いました。

おすすめ度

  ★★★★☆

 仕事の心得的なことが書かれています。
 入社1年目から10年後のことを考えて、働き方を考えるといったことも書かれています。
 入社間もない方が読んでみると良いですね。

おすすめしたい方

仕事の基本的なところを知りたい方。
ビジネスパーソン。

『入社1年目女子 仕事のルール』平原 由紀子

大切だけどなかなか教えてもらえない 入社1年目女子 仕事のルール

 

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

SNSに仕事のマイナスなことを書くのは控えよう

SNSをどう運用するか

『大富豪からの手紙』本田健。大富豪が教えてくれることとは?

『大富豪からの手紙』本田健

大富豪からの手紙

大富豪からの手紙

  • 作者: 本田健
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/03/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

『大富豪からの手紙』の目次

 ・第1の手紙:【偶然】(偶然に起きることはないし、偶然に会う人もいない)
・第2の手紙:【決断】(決断した瞬間に、その未来は、同時に誕生する)
・第3の手紙:【直感】(直感こそが、最も正しい人生のコンパス)
・第4の手紙:【行動】(行動しない限り、人生は1ミリも変わらない)
・第5の手紙:【お金】(お金の大切さを理解した上で、お金との距離にバランスを取る)
・第6の手紙:【仕事】(仕事は、あなたの才能を開花させる舞台)
・第7の手紙:【失敗】(成功するための唯一の方法が、失敗しても挑戦し続けること)
・第8の手紙:【人間関係】(幸せとは、「よい人間関係」にほかならない)
・第9の手紙:【運命】(私たちには、人生を変える選択肢が、毎日、与えられている)

 

 

大富豪からの手紙

本書は、『大富豪からの手紙』ということで、主人公が、9通の手紙を大富豪から受け取って、旅をして行くという話です。

偶然、決断、直感、行動、お金、仕事、失敗、人間関係、運命といったことを学ぶことができます。


『大富豪からの手紙』ここに注目・言葉・名言

「いくら「決断」しても、「行動すること」なしにはその未来は近づいてこない、1ミリも。「決断」したからといって、自宅にずっと引きこもっていては、キミが決めた未来は実現しないんだ。
「決めること」でその未来が生まれて、「行動すること」でその未来がキミの方に近づいてくるんだよ。」(p.089)

 

決断しても、行動しないと

決断が大切と言ったりしますね。

でも、決めただけでは変わらないですよね。

もし決めただけ変わるなら、きっと、多くの人が、お正月に目標を決めたりするでしょうから、それだけで変わっているはずです。

やはり行動ですよね。

変な話ですが、決めなくても、行動を変えれば、結果は変わりますね。

だから、求める結果に合うような行動をすることが、大切でしょう。

どんな行動をするかを決めて、行動したいですね。

『大富豪からの手紙』視線の高さ

「そして、最終的に『仕事で成功して、ある程度の資産を築ける人』というのはね、『視線の高さ』が違うんだ。
 それは、『どこを見て仕事をしているか?』ってことなんだよ。」(p.208)


どこを見て仕事をしているか?

上司を見て仕事をしているのか、日本のために仕事をしているのか、世界のために仕事をしているのか。

こういったところで、結果が変わってくるということですね。

目指していることが違うわけですから、結果が変わってきますよね。

どこを目指すのか、考えたいですよね。

『大富豪からの手紙』で取り入れたいと思ったこと

どこを目指すかは、やはり考えたいですね。

もし仮に、そこにたどり着けないとしても、目指す場所によって、
進む方向が変わるでしょう。

見えること、出会うこと、できることなどが変わってきますよね。

目指すところはどこか?考えたいですね。

『大富豪からの手紙』とあわせて読みたい

『大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え』高田 晋一

大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え

大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え

  • 作者: 高田晋一
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2017/06/16
  • メディア: Kindle版

大富豪に共通する7つのこと『大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え』高田 晋一 - ビジネス書をビジネスのチカラに

 

大富豪がどんな考え方をしているのか。どんな方法でお金を稼いだり貯めたりしているのか。
こういったことがわかりますね。

基本は同じなのだと思います。

4コマ漫画などもあって、楽しく読むことができますね。
大富豪の教えから、お金の稼ぎ方などを知りたい方が読まれると良いですね。

『大富豪からの手紙』本田健

大富豪からの手紙

大富豪からの手紙

  • 作者: 本田健
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/03/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

本田健さんが、大富豪からの手紙ということで、9つの手紙の物語を書かれています。

偶然、決断、直感、行動、お金、仕事、失敗、人間関係、運命といったことを学べます。

わかりやすいのが良かったです。

おすすめ度

  ★★★★☆

 手紙ということで、それらから、お金や仕事などについて学ぶことができます。
 物語形式で学べますね。
 人生などについて考えたい方が読まれると良いと思います。

おすすめしたい方

大富豪から学びたい方。
ビジネスパーソン。

『大富豪からの手紙』本田健

大富豪からの手紙

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

目指すところはどこか?

あなたが目指すところは?

『大学4年間の経営学見るだけノート』平野 敦士 カール (監修)

『大学4年間の経営学見るだけノート』平野 敦士 カール (監修) 

大学4年間の経営学見るだけノート

大学4年間の経営学見るだけノート

  • 作者: 平野敦士カール
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2018/02/17
  • メディア: 単行本

 

『大学4年間の経営学見るだけノート』の目次

経営学のギモン
企業のギモン
経営戦略のギモン
マーケティングのギモン
ビジネスモデルのギモン
生産管理のギモン
組織のギモン
金融・ファイナンスのギモン

 

 

経営学見るだけノート

経営学見るだけノートということで、経営学の基本的な話について、
見てわかるようになっている本です。

図解というか、イラストなどが多いです。

もちろん文章もありますが、図解やイラストが多いので、文字よりも絵で理解したい人が読まれると良いと思います。

 

『大学4年間の経営学見るだけノート』ここに注目・言葉・名言

「教授は続けて「経営学を学べば、会社にはどのような部署があり、そこでなにを目指し、なにをしているのかを知ることができます。それを知り経営者の視点で全体を見られるようになれば、自分の部署で自分がどのように動けば望ましいかをわかってきます。そうなれば、きっと自分の仕事にもやりがいが見つけられるでしょう。これが一般社員でも経営学を学ぶことの大きな意味なのです。」と言いました。」(p.15)


経営者の視点を持つことの意味

全体を見ることで、部分がわかる。

こういうのはありますよね。

逆に、部分だけを見ていても、それが良いことなのかどうかはわかりにくい。

例えば、会社全体の今期の目標が、イメージアップなどだとしたら、会社のイメージアップにつながる提案などをしたら、良いなどがわかります。

会社全体の目標がわからないまま、企画などを提案しても、あまり意味がなかったりしますよね。

そういう意味で、経営を知っておくというのは、仕事をする上で役に立ちます。

『大学4年間の経営学見るだけノート』経営戦略ってなに?

「ケイ子さんはカフェを出店しようと考えています。どのようなカフェなら儲かるでしょうか?まずは経営戦略を練ることが大切です。戦略とは戦い方のこと。その際、重要なことは「どういうカフェにしたいか?」と「そのお店が世の中にどういう貢献ができるのか?」を考えることです。これらを経営理念と言います。つまり、将来の絵姿(ビジョン)と使命(ミッション)の2つを考えることです。」(p.42)

ビジョンとミッションから、戦略を考える

まずは、ビジョンとミッションを考える。

ここからですね。

将来像を考えて、どのような貢献ができるのかを考える。

そうして、このことを行うために、どういうふうに、展開していくのか。

Why(目的)を考えて、How(方法)を次に考える。

こういうことですね。

取り入れたいと思ったこと

儲けるための仕組みが、ビジネスモデルだとありました。

ビジョンとミッションを考えて、戦略も考える。

そして、ビジネスモデルも考える。

ビジネスモデルを、再度考えたいですね。

あわせて読みたい・『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』

『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』入山章栄

ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学

ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学

  • 作者: 入山章栄
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 単行本

【経営学】『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』入山章栄 - ビジネス書をビジネスのチカラに

最先端かどうかはちょっとわかりませんし、ビジネススクールでも、こういったことを教えているところもあるのではと思わなくもないです。
そういう意味では、タイトルはどうかと思いますが、知っておくと違うだろうということが紹介されています。

本書で紹介されている、多様性、ダイバシティーなどはそういう話だろうと思います。

ということで、経営に関して、学びたい、知りたいという方が読まれると
良いですね。

『大学4年間の経営学見るだけノート』平野 敦士 カール (監修)

大学4年間の経営学見るだけノート

大学4年間の経営学見るだけノート

  • 作者: 平野敦士カール
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2018/02/17
  • メディア: 単行本

経営学というと、どことなくどんなことなのかわかりにくイメージがある
かもしれません。

本書は、そんな経営学を、イラストや図解で説明しています。

このため、わかりやすいです。

経営の基本的な考え方などがわかると思うので、経営学の基本をわかりたいという方が読まれると良いですね。

おすすめ度

  ★★★★☆

 経営学を、イラストや図解で学ぶことができる本です。
 わかりやすいです。
 イラストや図で、経営学を学びたい方に良い本ですね。

おすすめしたい方

経営学を知りたい方。
ビジネスパーソン。

『大学4年間の経営学見るだけノート』平野 敦士 カール (監修)

大学4年間の経営学見るだけノート

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

経営者の視点を持つことの意味

経営者の視点を持っていますか?

『たった3行! 心を添える一筆せん。』臼井由妃。少ない言葉で多くのことを伝えるコツ

『たった3行! 心を添える一筆せん。』臼井由妃

たった3行! 心を添える一筆せん。

たった3行! 心を添える一筆せん。

  • 作者: 臼井由妃,「元気が出る本」出版部
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

『たった3行! 心を添える一筆せん。』の目次

はじめに たった一枚の「一筆せん」で、心が通い合う
プロローグ 「一筆せん」で、おもてなしの心を届けよう
第1章 ビジネスで「素敵な女性」と思われるコツ
第2章 好感度抜群の営業につなげるコツ
第3章 職場の人間関係がよくなるコツ
第4章 大切な人の心に寄り添うコツ
第5章 家族との絆が深まるコツ
第6章 心地よい人間関係をつくるコツ
第7章 自分を元気にするコツ
おわりに 言葉には、人の「想い」が込められている 

 

 

一筆せん

物を送ったりするときなどに添える、一筆せん。

本書では、その書き方について、臼井由妃氏が書かれています。

ちょっとしたコツを知って、一筆せんの書き方がわかる本です。

心を添える一筆せん。ここに注目・言葉・名言

「相手が読んで気持ちがよくなるには、美味しい言葉は少しでいい。
 そのほうが余韻が効いてくる。
 多すぎる言葉を減らしたほうが、言葉に重みが増すのです。
 すると何度も読み返したくなりますし、そのたびに笑顔があふれ心豊かになります。」(p.28)

少ない言葉で多くのことを伝えるコツ

少しの言葉で伝える。

簡潔に伝えるということですね。

あまり饒舌になる必要はないということです。

ちょっとした言葉、飾らない素直な言葉を書く。

これで良いということですね。

心を添える一筆せん。漢字を減らす

「漢字を減らしひらがなを多く使うと、距離が近づいてくる。親しみを覚えるのです。
「衷心より感謝する所存です」というのは、気持ちが遠ざかる一方です。
「心より感謝いたします」や「誠に有難うございます」でも、距離があります。
「有難うございます」で近づき、「ありがとうございます」で、もっと親しくなるのです。」(p.31)

漢字を減らして、ひらがなで書く

漢字が多い文章は、読みたくない感じになりますよね。

あれは、堅苦しい感じになるからなのか、情報が多すぎるからなのか。

いずれにしても、ちょうどいい量の漢字を使うというか、ひらがなで書けるところは、ひらがなで書くと読みやすいですし、親しみも持てるのでしょうね。

このあたりは、感覚的な問題ですが、多すぎず少なすぎずが、文章としては、読みやすいのだろうと思います。

取り入れたいと思ったこと

PRの文章も、一筆せんがうまくなると、うまく書けるというようなことも書かれていました。

短い文章で、わかりやすく、インパクトがあるようなことを書けるようになるというのはありそうですね。

Twitterなどにも通じるところがあると思います。

あわせて読みたい

『心が通じる ひと言添える作法』臼井由妃

心が通じる ひと言添える作法

心が通じる ひと言添える作法

  • 作者: 臼井由妃
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2015/10/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

『心が通じる ひと言添える作法』臼井由妃 - ビジネス書をビジネスのチカラに

 

ちょっとしたひと言。

そこで心が通じたりすることもありますよね。

本書では、ひと言添える作法について書かれています。

ちょっとしたひと言を添えたい方が読まれると、参考になると思います。

 

『たった3行! 心を添える一筆せん。』臼井由妃

たった3行! 心を添える一筆せん。

たった3行! 心を添える一筆せん。

  • 作者: 臼井由妃,「元気が出る本」出版部
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

一筆せんの書き方について書かれています。

一筆せんの書き方のコツを知りたい方が読まれると参考になりますね。

おすすめ度

  ★★★★☆

 一筆せんを添える。そんな方に、一筆せんの書き方がわかります。
 臼井由妃氏が、自身が実践している、一筆せんの書き方を書かれています。
 ちょっとした心を添えられる一筆せんの書き方を知りたい方に、参考になります。

おすすめしたい方

一筆せんを書きたい方。
ビジネスパーソン。

『たった3行! 心を添える一筆せん。』臼井由妃

たった3行! 心を添える一筆せん。

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

漢字を減らして、ひらがなで書く

少ない言葉で伝えていますか?

『逆境のリーダー ビジネスで勝つ36の実践と心得』大塚 明生

『逆境のリーダー ビジネスで勝つ36の実践と心得』大塚 明生

『逆境のリーダー』の目次 

1章 強い組織はリーダーで決まる~リーダーマインドがいかに強い組織に必要か~
2章 勝てる事業戦略の作り方~小が大を制するには~
3章 人を見極め、磨き、配置する~組織力を最大化する~
4章 勝てるマネジメントの極意~日々の戦いで大切なこと~
5章 真のリーダーになるために~リーダーとして成長し続ける心構え~

 

逆境のリーダー

三井住友信託銀行の元副社長で、現顧問の大塚明生氏の著書です。

リーダーとして、どのようなことを考えて、実行してきたのかということが書かれています。


逆境のリーダー:ここに注目・言葉・名言

「リーダーは常に有言実行。
 しかも、プロセスまで宣言する」(p.46)


プロセスまで宣言する

有言実行か不言実行かという話があります。

仮に、有言実行するとして、プロセスまでも宣言するということで、ここまで言っら、やるしかないということが、まずありますよね。

また、失敗したときに、プロセスが間違っていたのかと判断ができて、次の成功確率が上がるということです。

目標を宣言するというのはありますよね。

さらに、プロセスも宣言すれば、よりフィードバックを得やすくなるということですね。

有言実行するのであれば、ここまで行うと良さそうですね。


逆境のリーダー:組織運営のポイントは戦略ー戦術ー標準化

「組織運営のポイントは戦略ー戦術ー標準化」(p.137)


戦略ー戦術ー標準化

このステップで、組織を運営していくと、勝てる組織を作りやすいということです。

例えば、以下のようなことを行ったということです。

戦略 
・どのような顧客をターゲットとするのか
・自社の得意分野、注力分野をハッキリさせる

戦術
・旬のプロダクトの見極めとそれをどのように顧客に提案するのか

標準化
・ストーリー性あるセールスを誰もが行えるように提案方法を標準化する

標準化までできると、組織として、平均点が上がるということです。


『逆境のリーダー』で取り入れたいと思ったこと

他社が手がけていない新しいトレンド(ビジネスモデル)を作る。

ということが、書かれていました。

同じことをしていると、競争になってしまいます。そうなると、資本の大きさや人手などでの勝ち負けになってしまいがちでしょう。

そうならないように、他社がやっていないことを行う。
考えて、行いたいですね。

あわせて読みたい

『やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力』迫 俊亮

やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力

やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力

  • 作者: 迫俊亮
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/01/31
  • メディア: Kindle版

『やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力』迫 俊亮 - ビジネス書をビジネスのチカラに

 


『リーダーの現場力』ということで、ミスターミニットの社長である、迫俊亮氏
が、どのように現場の力を引き出せるようにしていったかが書かれています。

従業員の力を引き出して、会社を動かしていく。
そういう経営方法がわかります。

どうすると、仕事において、人は動くのか。そんなことを考えたい方が読まれると参考になると思います。

『逆境のリーダー ビジネスで勝つ36の実践と心得』大塚 明生

三井住友信託銀行の元副社長で、現顧問の大塚明生氏が、ビジネスで勝つための考え方や実践について書かれています。

実際に、どのようなことを考えて、リーダーとして行動してきたのか。

そんなことがわかる本ですね。

おすすめ度

  ★★★★☆

 三井住友信託銀行の元副社長で、現顧問の大塚明生氏が、リーダーとしてどのようなことを考えて、行動してきたかということがわかります。
 ビジネスパーソンやリーダーが、どのようなことを考えて、行動すると良いかなどのヒントが得られると思います。

おすすめしたい方

ビジネスパーソン。
経営者。

『逆境のリーダー ビジネスで勝つ36の実践と心得』大塚 明生
 

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

逆境のリーダー ビジネスで勝つ36の実践と心得

プロセスまで宣言する

プロセスまで宣言していますか?